私は、若い!(久々の次麻呂です。)

皆様、こんにちは手
綾小路次麻呂です。
久々の登場です。かれこれ1年以上かな?
なかちゃんが、先のブログで自宅の雪かきをして〜大変だった!
と騒いでいたような〜
「なぬ〜、自宅でちょっと雪かきしたぐらいで・・何を言ってるの〜」
と久々の次麻呂の独り言です。

本当に8日から9日の雪は大変でしたね。
9日の朝、次麻呂君は松島3店舗前の歩道の除雪、
そして社員駐車場のある高台へ通じる坂道の除雪
作業を他の2人とスタッフと一日かけて頑張りましたよ〜
3店舗の除雪作業は8時30分から開始して10時頃までに完了。
最後に残るのは、難関の坂道です。

下の写真は、駐車場へと向かう坂道・・・全長100mぐらいあるかな?
普段の雪の量だと、雪かきを使えば比較的簡単に除雪できるのですが・・・
流石に今回の雪の量だと、そう簡単ではありません。Docomo_kao20
さてさて、何処から手をつければいいのやら〜



千里の道も一歩から と10時過ぎから作業開始〜
必死の除雪作業で・・・ようやく1/5程度完了〜
この時点で汗が吹き出して〜風邪をひきそうです。



ここでお昼休み〜
あ〜疲れた。
お昼休憩後13時30分から作業再開
15時30分には、大変だった除雪作業も終盤に
人間頑張れば何でもできるんですね〜



明日の筋肉痛が恐ろしい!
しかし、心配していた筋肉痛は それほどでもなく

私は、まだ若い!と思ったとさ〜
さて、下の写真は、なんでしょうkyu

 

今日は少し暖かいかな?

土曜日の夜から日曜日の朝にかけて・・・また雪が降りました。
20cmぐらいは積もったでしょうか?
松島は、またまた雪景色。しかし、海岸でもあり
雪は溶けております。
今年の【松島 牡蠣祭り】は2月3日(日)の一日だけの開催となります。
例年、この季節は雪が降るので・・・・もうひと降りありますかね・・・
春よ来い!早く来い!

次麻呂

|゚Д゚))) そう言えば・・・中ちゃんが何やらブツブツ言ってましたね。
気にしない。気にしない。中ちゃん!またよろしくね〜

雨でよかったな〜

先日降った大雪・・・何時か忘れました。
まだまだ溶けきっておりませんが、本日は雪ではなく雨が降ってくれました。
もう雪かきはしたくありませんので・・・・雨でラッキーです。
夜から雪に変わるとの天気予報ですが・・・
どうか外れますように・・・

次麻呂

次麻呂の癒し旅〜最終編

皆様おはようございます。
独り言のつもりが・・・いつしか旅日記になってしまいました。
【鳴子温泉&宮城工芸作家を巡る 癒し旅】いよいよ最終回です。

堤焼 針生乾馬窯の針生和馬さんに別れをつげ、
最終日の昼食は、我が社【松島蒲鉾本舗】が季節限定にて
{のれんをかけるのは 牡蠣が美味しい季節のみ}としている
12月〜2月限定の【旬 牡蠣庵】です。
ここで、ちょっと宣伝しちゃいます。
牡蠣庵は、【昼の部】土・日・祭日営業
     【夜の部】金・土・日営業 (完全予約制)
となっております。
コースメニューのみにて、昼の部のみ【牡蠣づくし膳 吟】¥3,150円
            予約制にて【牡蠣づくし膳 贅】¥5,250円
となっております。
今回は、ちょっと栄養取りすぎですので・・・・・
【牡蠣づくし膳 吟】にしました。
【牡蠣庵】は、松かま五大堂店の三階にあります。

三階からの眺めですが・・・・ありゃ・・手前にピンと合っちゃったぞ^^;



〜虻
 左側から 牡蠣のオリーブオイル漬けをチゴリの葉にのせて
      松かま どらぼこの生地の上に牡蠣のパテを混ぜ込んだクリームチーズ
      ミョウガのオリーブオイル漬け

牡蠣のアラカルト 通常は、生牡蠣なのですが本日は仕入れの関係にてアラカルト


2顔擇粒た緇討〜
 炭火で焼いた牡蠣は最高〜に美味しいですよ

げ顔撻侫薀ぁ.肇泪箸離クテルソースにて
 (´Д`;)ヾ ドウモスミマセン 撮影担当の友人が・・・写真を撮り忘れて食べちゃいました。


ゲ顔撻廛螢
 牡蠣庵一番人気の料理です。
 プリンと言っても甘いデザートではありません。
 玉ねぎのみじん切りと牡蠣をバターでじっくり炒め 白ワインと・・・
 レシピをバラシてどうするの〜
 とにかく手間のかかった一品です。濃厚な牡蠣の旨みがたまりませんよ。



Σ顔擇瓦呂鵝 “味い!としか表現のしようがありません。


Р顔敍蕁,呂佞呂奸舛辰版々を召し上がれ〜

なんだか、自社宣伝の手前味噌になってしまいましたが・・・^^
友人たちは、ご満悦でした。

と言うことで、
次麻呂君が東京の友人たちとプライベートで過ごした
【鳴子温泉&宮城工芸作家を巡る 癒し旅】のお話はこれで終わりです。
長文を付き合ってお読みいただきました皆様、本当にありがとうございました。

私が企画したこのコース、我ながら素晴らしい行程でしたよ〜
宮城にお越しの機会をみつけ、ぜひいらしてみてくださいね。

では、また さようなら〜 綾小路次麻呂でした〜

【おまけ の後日談】
美味しいものを食べた2泊3日にて少々太ったような・・・・
土曜日に会社で、しゃがんだ瞬間・・・ずぼんのお尻が裂けてしまいました・・・
笑ってやってくださいまし

綾小路次麻呂の〜宮城工芸作家を巡る癒しの旅 続きの続きのそのまた続き

皆様おはようございます。
久々に独り言をと・・書き始めたら止まらなくなってしまいました。
先日から連載させて頂いております『鳴子温泉&宮城の工芸作家を
巡る 癒し旅』2泊3日
いよいよ最終日に入らせて頂きます。どうぞ、お付き合いください。

楽しかった『癒しの旅』もいよいよ最終日の朝を迎えてしまいました。
最終日の朝食は8時〜のお約束。
目が覚めると7時45分だ〜前日のお酒も影響し夫婦二人で寝坊してし
まいましたよ〜
それでも次麻呂君は・・・温泉に来て一番幸せな朝風呂を入らない訳には
いきません。ちょうど朝食会場がお風呂の近くなので・・呆れる妻を後にして
手ぬぐいを肩にかけ〜目をこすりながら朝風呂へ
ざぶ〜んと一風呂浸かり・・・・約束の8時には朝食会場に着席してましたよ!
最終日の朝食です。朝から食欲もりもり〜


鳴子温泉 吟の庄の皆様〜 大変お世話になりました〜と見送りを受けながら
ホテルを後に致しました。

さぁ〜最終日の行程は、 仙台市泉区に窯を構える『堤焼 針生乾馬窯
見学の後、松かまが営業する季節限定営業の【牡蠣庵】での昼食です。

堤焼 針生乾馬窯の作品は、松かま総本店にて展示させて頂いております。
本日お尋ねするのは、針生和馬(針生乾馬さんのご次男)さんです。
場所は、泉区水の森公園にある閑静な場所です。
一通り作品を見せて頂いた後に・・特別に窯を見せて頂きました。


見せて頂いたのは、とっても立派な【登り窯】です。
昔ながらの登り窯で、昔は住宅も少なくこの窯で陶器を焼いていたそうですが・・・
近年、住宅地が広がり下の写真のように薪をくべて窯を炊く登り窯は、煙等の問題も
あり使用頻度は減っていたそうです。
しかし、東日本大震災によりこの立派な窯は壊れてしまい。現在に至っても修理に
手がつかない状態だそうです。

薪で炊く登り窯の他に ガスや電気を使って焼く窯もいくつかあり修理可能な
ものから修理を行なって使っているそうですが・・・それでも大型の窯は修理
が出来ない状態だそうです。


まだまだ、震災の傷跡はこのように残っているのですね。
窯内部の耐火レンガが崩れたままでした。
下の写真は、どうにか修理が出来、現在使用している窯です。





素敵だな〜 今日も心がとっても豊かになりました。
本当は、もっともっと見ていたかったのですが・・・時間がなくて・・・
後ろ髪を引かれる思いで・・・堤焼 針生乾馬窯を後にしました。
熱心にご説明頂きました針生和馬さん、本当にありがとうございました。

次回は、ぜひ陶器作りにチャレンジしたいものです。

好きな事を、徒然に書いている内にずいぶん長文になってしまいました。
癒しの旅シリーズは、本編で終わりにしようかと思いましたが・・・
牡蠣庵】編は次回に持ち越させて頂きます。
綾小路次麻呂の独り言・・・を超えてしまい長文に
おつきあい頂きましてありがとうございます。
では、またね

【追伸 おまけ】
このブログを読んだ今回の旅を一緒にした東京の友人たちから、
夜に遊んだJENGAというゲームの決定的瞬間の写真を何故載せない?
とのメールが届きました。妻が写っているので・・・掲載を躊躇しましたが
写真に細工をしてお恥ずかしながら掲載させて頂きます。
私が積み木のタワーを崩してしまった決定的瞬間です。せいぜい笑ってください。



綾小路次麻呂の〜癒し旅の続きの続き〜

皆様おはようございます。
『鳴子温泉&宮城工芸作家を巡る 癒しの旅』
まだまだ報告は続きます。

前回は、美味しそうな 秋保草庵さんの三角揚げそばの写真で終わりました。
そのお隣に 【ガラス工房 尚】という これまた素敵なお店があります。
残念ながら尚さんの作品は、松かまでは取り扱っておりません。
しかし、私はとっても大好きな作品です。

尚さんは、(すみません苗字を忘れてしまいました・・・独り言ですからお許しを)
は、とっても素敵な色使いや模様をガラスの器で表現します。
ここでは、工房、展示スペース、に加え 美味しいコーヒーやデザートが食べられます。
器には、尚さんのガラス食器が使われています。
大変感じの良い素敵なお母様が温かく迎えてくれますよ〜

 

そして、私の東京の友人が気に入って最後まで購入するかどうか
悩んでいた作品がこちら・・・器の大きさは、幅30cmぐらいだったかな?
お値段は85,000円(税抜き)だったような・・・・これもうろ覚え〜^^;


こんな素敵な食器が似合う人間になりたいものです。
頑張ろう〜
私には到底 手が届きそうにありませんが・・・・
しかし、気に入った食器で毎日使い 気持ちが優雅になる事を思えば
考えてみれば安いのかもしれませんよねぇ〜
だって、例えば85,000円だったとしても5年間使えば
85,000円 ÷ 365日×5年 = 1日当たり46.5円ですもの
1日46.5円で素敵な気持ちが味わえるならば断然お得!!
ましてや永く持たせれば・・・もっともっとお得!
そもそもこのような芸術作品にお得!なんて・・あさましい事を考えてはいけません。

と言うことでいつの日か買える日を夢見て帰ってきました。
(ただし・・・我が家の奥様はドジなので すぐ割ってしまう可能性が大です。
 万一、85,000円のガラス食器を妻が割ってしまった場合・・・
 何の躊躇(ためらい)いもなくすかさず妻に「大丈夫か?怪我はしなかったか?」
 と応えなくっちゃいけない!と東京の友人がしみじみと申しておりました。
 何か苦い経験があったのでしょうか?(笑)
 もちろん、私はすかさず妻に 怪我はなかったか?と言える自信はあります!)かな?

続きまして、秋保温泉の入口近くにある【ガラス工房 元】さんの工房にまいりました。
ガラス工房 元さんの作品は、松かま総本店にも展示・販売しております。
ここでは、グラスやサラダカップ等のガラス食器作りを格安3000円で体験する事ができ
ます。私たちがお伺いした時に、ちょうど体験を楽しんでいたお客様がおりましたので
我々は、しばし見学をさせて頂きました。


3000円とう格安の料金にもかかわらず、結構 いろいろな作業をやらせてくれる!
と東京の友人が感心しておりました。
では、我々もグラス作りにチャレンジ〜と声をかけましたが・・・・
皆、自分の不器用さを笑いの種にされるのを恐れ? 今回は、時間もないことですし・・
との言い訳をつけて見学と応援に徹しさせて頂きました。
次回は、チャレンジしたいものです。
あ〜肝心な【元】さんの作品の写真を撮影して来るのを忘れてしまいました・・
元さん、ごめんなさい。^^;

という事で2日目の楽しい旅のお話しでした〜

【おまけ】
お恥ずかしながら・・・その夜にやったJENGAというゲームの1シーンを
お酒を飲んで真っ赤な顔をしているのは・・・いったい誰でしょうか?????


綾小路次麻呂の『鳴子温泉&宮城工芸作家を巡る癒し旅〜続き』

皆様 おはようございます。
引き続き、次麻呂が先日旅した『鳴子温泉&宮城工芸作家を巡る癒し旅』
のお話をさせていただきま〜す。
えっ?「公私混同じゃないかって・・・」
違いますよ〜今回、巡った宮城工芸作家の皆様は、新しくなった
【松かま 総本店】の宮城工芸コーナーにご協力頂いている工芸作家の皆様
です。ご紹介させて頂く素敵な作家の皆様の作品を松かま総本店でもご覧頂く
ことができます 近隣の方はぜひ、来てね!!

1泊目の夜に、平均年齢55を超える5人が童心に帰ってJENGA(積み木のよう
なものを崩さないで積む?ゲーム)というゲームをして遊びました。
私は知らないゲームでしたが昔からあるみたいでとっても楽しかったよ〜
ちなみに酔っ払っている私は負けました。

2日目は、私が大好きな『石神彫刻工房』さんの【石んこ地蔵】を見に行きました。
宮城県川崎町に工房があります。

雪を被った山々が素晴らしいですね〜
川崎ICで下り、田舎道を通って工房へ
可愛い石んこ地蔵達が出迎えてくれました。^^
素敵な作品が工房内の敷地に置かれ 自然の美術館です。
早速、素敵な作品を何点かご紹介させて頂きますね。
しばしの間、癒されてください!
下の作品は50cm程の高さなんですが、お金を貯めて
我が家の庭に置きたい。
ねぇ〜とっても癒されるでしょう。ぜひぜひオススメです。
今日は、特別にお願いして温かく出迎えてくださった石神彫刻工房の石んこ
地蔵の生みの親である作家の平泉正司様と奥様に工房を覗かせて頂きました。

大きな石ですね〜この大きな石を切断して作品を作るそうです。
見てください。このカッター〜
このカッターで石を切断するそうです。
もっと大きな石は、もっと大きな機械でワイヤーのようなもので切断するそうです。

平泉正司さんです。いろいろなお話を丁寧にお話し頂きました。
大きな石から あんなに繊細な表情の作品を創りだすって凄いですよね〜
私は大変憧れます。

東京の友人二人もとっても気に入って、可愛い『石んこ地蔵』を買いました。
「定年になったら、平泉さんに弟子入りして、こんな素敵な環境でのんびり
過ごしたいな〜」
と話したら、平泉さんに
「雑草は刈らなければならないし、やらなくちゃいけない事がいっぱいで
のんびりなんてできないよ!」って叱られてしまいました。^^;
未来の師匠 ごめんなさい。

心の中が ほんわかした気持ちでいっぱいになりました。
平泉ご夫妻 本当にありがとうございます。
また行きますね。

お腹が空いてきましたので・・・秋保に移動して・・・蕎麦でもたべましょう〜
昼食場所は、秋保大滝の手前にある とっても素敵なお店で
秋保草庵』という蕎麦屋さんです。
私が注文したのは、温かい三角揚げ蕎麦!きっと、定義如来の名物三角揚げかな?
とっても美味しかったですよ〜
一緒に頼んだ『野菜天ぷら』もボリューム満点で美味しかったです。
あ〜満足〜

次麻呂の旅は続きます。 では、また〜

宮城の工芸作家を巡る 鳴子温泉ゆったり癒し旅〜

 皆様おはようございます。

復活?した綾小路次麻呂の独り言〜
プライベートで恐縮ですが・・・東京の友人ご夫妻たちと
たまには、奥様にサービスを〜という事で2泊3日の癒しの旅に行っ
てまいりました。

今回のテーマは、温泉&宮城の工芸作家の工房を尋ねる旅です。
松かま総本店でお世話になっております、宮城の工芸作家の皆様
の工房を訪ねて芸術に触れよう〜との次麻呂ならではの高尚な?企画。
プライベートな旅でしたが、素晴らしかったので皆様にご紹介させて
頂きます。

友人を仙台駅に出迎え〜まずは牛たんを食べて〜
〜13日まで仙台の晩翠画廊にて個展を開いている
佐藤建夫さんの作品を見に行きました。(佐藤漆工房

漆器や漆で描いた絵など とっても素敵でした。
感動のあまり写真撮影を忘れちゃいました。

その後、皆から早く温泉でのんびりしたい!との要望にお応えし
鳴子温泉直行〜
今回の宿泊先は、【鳴子温泉 吟の庄】さんです。


ちなみに写真は、私ではなく友人が撮影しております。


入口には、見事な雪景色の庭園です。


早速温泉に入り、夕食のご馳走ですよ〜


お品書きは、板長さん直筆だそうです。素晴らしい〜
普段、妻からいつもあなただけ美味しいものを食べて!たまには私にも
と文句を言っている妻へ ようやく・・・・

お刺身の上に載っているのは氷ですよ〜 どうやって作るのかな?
とっても親切だった仲居さんが、
板長の発案で風船に水を入れて凍らせて作るそです。
素晴らしいですね。

これから、美味しい生ビールを沢山飲んで楽しいひと時を過ごしました。
鳴子温泉 吟の庄さんは、客室も多くなくとっても落ち着けるホテルでしたよ。
続きは後日 また

謹賀新年〜久々の綾小路次麻呂の独り言です。

皆様、新年明けましておめでとうございます。 綾小路次麻呂です。 と言ってもずいぶん久しぶりの登場ですね。 かれこれ1年以上になるでしょうか? もうすっかり皆様から忘れられてしまったでしょうね。 何故?最近ブログに登場しなかったかと言うと・・・・ 単にパスワードを忘れてしまった@@;というだけです。 それに、最近は【中ちゃん】をはじめ若い?娘達が ブログを書いてくれているので次麻呂さんが少々さぼっても 大丈夫かな〜なんて思ったりして。 でも、twitterの方 → @nyanta-nita では頑張ってますから 今年は、少し心を入れ替えて【綾小路次麻呂の独り言】も書こうかな。 と新年の元旦早々考えております。 もう、次麻呂ファン?の皆様は【中ちゃん】ファンになってしまった・・ かもしれませんが、勝手に独り言を書いていきたいと思います。 今日は、元旦ですね。私、松かまに転職してきて早起きしなかった お正月は今日が初めてです。 何故かというとね、毎年 松かまでは、初日の出を見にいらっしゃる 団体のお客様の為にお正月のみ朝食のご予約をお受けしていたのですが 諸事情により本年から元旦の朝食をやらなくなりました。 毎年、家族が紅白歌合戦を楽しむ中、翌日の4時起き為に 一人寝床に入っていました。元旦早々寝坊しないように 目覚ましを何個もセットして。 今年は、家族と一緒に紅白歌合戦を見て・・・と思いましたが・・ 知らない歌手の皆様が多く・・途中から他の番組に切り替えてしまいました。 夢にまでみた家族で見る紅白歌合戦だったのにね^^; なんかとりとめもなく我が家の事を書いてしまいました。 松かまの事は全然書いてないじゃん!と怒らないでください。 これが、【綾小路次麻呂の独り言】なんですから! 松かまのホームページでありながら 勝手に好きな事を書きます。 どうぞよろしくお願いしますね〜

今日の松島は秋晴れ

10月ですね。
今日の松島は秋らしい
とっても!とっても!
気持ちよい気候で〜す。


| 1/11PAGES | >>