次麻呂の癒し旅〜最終編

皆様おはようございます。
独り言のつもりが・・・いつしか旅日記になってしまいました。
【鳴子温泉&宮城工芸作家を巡る 癒し旅】いよいよ最終回です。

堤焼 針生乾馬窯の針生和馬さんに別れをつげ、
最終日の昼食は、我が社【松島蒲鉾本舗】が季節限定にて
{のれんをかけるのは 牡蠣が美味しい季節のみ}としている
12月〜2月限定の【旬 牡蠣庵】です。
ここで、ちょっと宣伝しちゃいます。
牡蠣庵は、【昼の部】土・日・祭日営業
     【夜の部】金・土・日営業 (完全予約制)
となっております。
コースメニューのみにて、昼の部のみ【牡蠣づくし膳 吟】¥3,150円
            予約制にて【牡蠣づくし膳 贅】¥5,250円
となっております。
今回は、ちょっと栄養取りすぎですので・・・・・
【牡蠣づくし膳 吟】にしました。
【牡蠣庵】は、松かま五大堂店の三階にあります。

三階からの眺めですが・・・・ありゃ・・手前にピンと合っちゃったぞ^^;



〜虻
 左側から 牡蠣のオリーブオイル漬けをチゴリの葉にのせて
      松かま どらぼこの生地の上に牡蠣のパテを混ぜ込んだクリームチーズ
      ミョウガのオリーブオイル漬け

牡蠣のアラカルト 通常は、生牡蠣なのですが本日は仕入れの関係にてアラカルト


2顔擇粒た緇討〜
 炭火で焼いた牡蠣は最高〜に美味しいですよ

げ顔撻侫薀ぁ.肇泪箸離クテルソースにて
 (´Д`;)ヾ ドウモスミマセン 撮影担当の友人が・・・写真を撮り忘れて食べちゃいました。


ゲ顔撻廛螢
 牡蠣庵一番人気の料理です。
 プリンと言っても甘いデザートではありません。
 玉ねぎのみじん切りと牡蠣をバターでじっくり炒め 白ワインと・・・
 レシピをバラシてどうするの〜
 とにかく手間のかかった一品です。濃厚な牡蠣の旨みがたまりませんよ。



Σ顔擇瓦呂鵝 “味い!としか表現のしようがありません。


Р顔敍蕁,呂佞呂奸舛辰版々を召し上がれ〜

なんだか、自社宣伝の手前味噌になってしまいましたが・・・^^
友人たちは、ご満悦でした。

と言うことで、
次麻呂君が東京の友人たちとプライベートで過ごした
【鳴子温泉&宮城工芸作家を巡る 癒し旅】のお話はこれで終わりです。
長文を付き合ってお読みいただきました皆様、本当にありがとうございました。

私が企画したこのコース、我ながら素晴らしい行程でしたよ〜
宮城にお越しの機会をみつけ、ぜひいらしてみてくださいね。

では、また さようなら〜 綾小路次麻呂でした〜

【おまけ の後日談】
美味しいものを食べた2泊3日にて少々太ったような・・・・
土曜日に会社で、しゃがんだ瞬間・・・ずぼんのお尻が裂けてしまいました・・・
笑ってやってくださいまし

コメント
コメントする